このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
        ご予約はお電話で
          TEL/FAX  0551-36-2251

                      090-2657-9720
    (楽しい歩荷中、忙しい食事準備中は
      携帯に出ません♪ ご了承ください。)

八ヶ岳
青年小屋と権現小屋

あるところにおかしな山小屋がありましたとさ。

お知らせ

2021.06.17
テン場で雷が鳴りだしたら小屋土間へ避難を!
2021.06.04
少し、情報更新。
2021.05.24
雨でほぼ雪が消えました!軽アイゼンも必要ないと思います。情報更新。
2021.05.16
近況報告。写真を撮るのは忘れました。
2021.05.04
近況報告。写真を撮るのは忘れました。
2021.04.27
ヘリコプターの荷上げが無事終了しました。写真も。
2021.04.24
観音平入口のゲートが開きました。観音平駐車場まで車で入れます。
(ゴールデンウィークより簡易トイレ設置)
2021.05.24
雨でほぼ雪が消えました!軽アイゼンも必要ないと思います。情報更新。

平日の休業予定日 : 7/5㈪~6㈫夕方まで
                      (5日㈪に下山)

  • 今年も完全予約制です。青年小屋5月1日(土) 営業開始。
    権現小屋は今年も営業出来そうにありません。
  • 過酷な条件にもかかわらず応募して下さった方があり、小屋番さんが決まりました!平日の仕事を1人でやっていただくので、沢山の仕事に慣れた段階で平日1日6名くらいまでの予約をお受けしたいと思っていましたが、5月23日ついにデビューいたしました。平日予約6名までお受けできます!どんなに頑張ってもひとりはひとりです、温かくお見守り下さい<(_ _)>
  • 今年も少人数でやりくりする予定なので、平日に休業日を設けさせていただこうと思っています。
  • 週末前後は40名くらいの定員です。㈮~㈰、㈯~㈪など週によって違いますので、お気軽にお問合せください。
    平日の営業に関しましても、こちらのHPかお電話でご確認ご相談ください。
  • テント場(1人800円トイレ代含む)は青年小屋が閉まっていても利用できます。トイレに設置の巣箱に料金をお願いいたします。
  • 青年小屋前の外トイレが使えるようになりました。タンク内の分解機能が活性化するまで流す水が濁るかもしれませんが、改善するよう作業をしていきます。
  • 水場(乙女の水:青年小屋から5分)の水量は豊富です。染み出てくる水を集め竹筒から流れ落ちています。数年ごとに自宅裏の竹林?竹藪…から太い竹を切り出し歩荷して交換しています。
  • (6/17現在)
    ★大気が不安定な日が続いています。14日に下山した際は森の中
     とはいえ雷を聞きながら歩き怖い思いをしました。山梨県の予
     報ではそろそろ天候も安定するとの事ですが、登山中は安全な
     場所でやり過ごす、テント場からは小屋の土間に避難するなど
     対処して下さい。

    (6/4現在)
    ★日常の気温が上がってきた分、山の上は寒く感じられると思い
     ます。朝晩の気温はひとけた台と思って、暖かい衣類をお持ち
     下さい。

    (5/23現在)
    ★雨によって雪がほとんど消えました。軽アイゼンのたぐいも必
     要ないと思われます。22日~23日多くの方が歩いておられま
     したので、登山道の雨による支障は無いようです。

    (5/16現在)
    ★寒さも和らいできましたが、山の上はまだまだストーブの世界
     です。雨と共に雪も減ってきていますが、樹林帯の雪はまだ残
     っています。雪や泥で滑りやすい道が得意でない方は、チェー
     ンスパイクなどがあると安心です。

    (5/3現在)
    ★1~2日にまた雪が積もりました。厳冬期の様な木々の雪は
     3日には融けてしまいましたが、樹林帯の雪は例年より長く
     残るかもしれません。降雪後の3日朝の権現岳は12本爪ア
     イゼンの世界でしたが(信頼できる情報筋)、現在は他の山
     と同じ装備でよいと思われます。2日の夜は-6℃まで下が
     り、食材の野菜の為に一晩中ストーブを小さくつけました。

    (4/21現在)
    ★17日の小屋開けは近年にない荒天で雪が積もりました。厳冬
     期の様な景色に逆戻りしましたが、春の日差しはあっという間
     に木々の雪を無かったことにしました。登山道の状況に変わり
     はありません。朝8時頃の気温はー5℃ ~ +4℃ で日によっ
     て変わります。

    (4/12現在)
    ◎雪は例年よりは少ないですが2000m前後からあります。特
     に樹林帯は簡単には消えませんので氷化して滑るため、チェー
     ンスパイクが重宝します。(雪と泥がミックスの為)
    ◎アイゼンも軽アイゼンで良いです。
    ◎ピッケルは杖がわりとして氷化した雪によく利きます。ストッ
     クの場合は滑りやすいのでお気を付け下さい。
    ◎西岳~青年小屋の樹林帯は気温が上がり雪が緩んで潜るように
     なるとカンジキが欲しいところですが、5/1までに雪が減れ
     ば必要ないでしょう。
    ◎権現岳は登っていないので分かりません。が、樹林帯の状況は
     同じで、日当たりの良い”核心部”の雪がなくなれば12本爪
     アイゼンは要らず他のルートと同じ装備となります。
  • 過酷な条件にもかかわらず応募して下さった方があり、小屋番さんが決まりました!平日の仕事を1人でやっていただくので、沢山の仕事に慣れた段階で平日1日6名くらいまでの予約をお受けしたいと思っていましたが、5月23日ついにデビューいたしました。平日予約6名までお受けできます!どんなに頑張ってもひとりはひとりです、温かくお見守り下さい<(_ _)>

実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください

八ヶ岳へようこそ

実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください

お山の近況報告(4/27)

ヘリ輸送
今期初のヘリコプターの荷上げが無事終わりました。青年小屋のヘリ輸送は年に2回4月と5月だけです。今回は全部で6便、1便 約500キログラムの荷を次々と運んでくれます。今回は荷物の運び込みの為に人送(人を乗せる時は荷は運びません)をお願いし、あっという間に小屋へ到着。会社を休んで手伝いに来てくれた居候さん達と共に、ビールやお酒などの飲料、お米、調味料、プロパンガス、燃料ドラム缶等を運び小屋の営業体制が整いました。残りのトマト、レタス、アジフライを持って30日から小屋にあがってお客さんをお待ちします!!
実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください

お山の近況報告(4/12)

R2.5/3 西岳より
R3.4/12 雪が少ないです




 5月には?



R2.5/3
R3.4/12
4/12 乙女の水は雪の中
R2.5/3 沢すじを…
  そりで爆走!
今年は雪が少なくて滑れない…




 5月には?




宿泊料金

山小屋にとって命綱のヘリ代の高騰が避けられない状況です。
青年小屋も2016年以来の値上げをさせていただきました。<(_ _)>

宿泊・食事(山行予定に合わせてどうぞ) 料金(税込)
             1泊2食付
9,500円
             1泊2食付 子供料金(小学生まで)
7,500円
               [内訳] 素泊まり(子供料金)
6,500円 (5500円)
                        夕    食  (子供料金)
2,000円 (1500円)
                        朝  食  (子供料金)
1,000円   (500円)
              お弁当(おにぎり2コ)
500円
                テント場利用料(1人あたり:トイレ代含む)  
800円
               [内訳] 素泊まり(子供料金)
6,500円 (5500円)
               [内訳] 素泊まり(子供料金)
6,500円 (5500円)

今年のコロナ対策

実状を正しく見て
お部屋  ★8畳部屋の従来の8名定員を6名とします。
     ★3~6名までの同一グループの方はグループ毎の個室になります。
     ★1~2名までの方は、真ん中を透明シートで仕切った8畳部屋での相部屋になる事がございます。
      相部屋の際の定員は1部屋4名までです。お部屋に余裕がある時は個室対応いたします。

◎週末の設定★土日を中心に1日40名くらいまでのご予約をお受けする予定です。昨年同様、部屋が埋まり次第受付
       終了です。

◎平日の設定★それ以外の日は1日6名様くらいまでです。その際はお部屋に余裕がありますので、お一人でも個室対応
       いたします。

◎設備等★到着時の検温にご協力ください。受付時に皆さまの氏名記載もお願いしております。
    ★お布団は使用後1週間以上あけてから次の方へ提供します。
    ★お布団の襟カバーとして、使い捨てのシートと安全ピンを受け付けの際にお渡しします。お帰りの際に襟カバー
     は指定のごみ箱へ、安全ピンも返却場所へお願いします。
    ★枕カバーとして、手ぬぐいを受け付けの際にお貸しします。毎回洗濯し、昨年同様出来たらアイロンも掛けたい
     と思っていますが…。こちらも返却場所へお願いします。

◎談話室★小屋内はマスク着用です。共用スペースでは静かに会話を楽しんでください。山小屋の同じ一日を共にする
     皆さんが、楽しく気持ちよく過ごせるようご配慮下さい。お天気の良い日は編笠山テラス(岩の上)もどうぞ。
     外の広い空間ではマスクは外しましょう。

◎食 堂★食堂テーブルの中心にパーテーションを設けています。お食事の際は横並びでのご相席をお願いすることが
     ございます。

◎消 毒★小屋に置いてあるアルコール類は遠慮なく使って下さい。それが山小屋に限らずコロナで立ち止まらない為に
     出来得る事かなと思います。公共物を全て絶え間なく消毒するのは難しいことです。アルコールを玄関、
     洗面所、トイレ前、談話室、食堂に設置してあります。

◎健康管理★山に行く楽しみの為に健康管理をされていると思いますので、ちょっといつもと違うなと気づいたら小屋泊
      まりはお控えください。無症状の方が多い現状ですから、日頃から免疫力を鍛えて対抗していきましょう。                    

 

\ GoToトラべルキャンペーン実施予定

再開と共に始める予定です。
割引率が昨年と変わる可能性がありますので
詳細は決定後にお知らせいたします。
青年小屋の給付金枠が無くなったところで終了となります。
ご了承ください。
キャンペーンが始まりましたら、
是非この機会に山梨県や北杜市を訪れてみて下さい!
好いところですよ!!
[キャンペーン期間:20XX年00月00日〜00月00日]

よくあるご質問①

小屋泊の方
  • Q
    居酒屋の開店は何時ですか?
    A
    "居酒屋"ではなく"飲み屋"です。ではなくて、純粋な山小屋です。開店時間は各自お決めください。アルコール類の販売は常時行っております。
  • Q
    居酒屋の閉店時間は何時ですか?
    A
    "居酒屋"ではなく"飲み屋"です。ではなく純粋な山小屋ですので、閉店時間も各自お決めください。アルコール類の販売は小屋の者が呑んでいる間は行っております。山小屋の消灯は9時頃ですが、飲み屋、いえ山小屋の食堂(宿泊スペースから離れています)の消灯は・・・お任せ下さい。
  • Q
    お酒を飲まないのですが、行ってもいいですか?
    A
    もちろんです。”のんべの聖地” の様に言われるのは私たちの思いと違うので少し困っています。山に来たら浮世の肩書を捨てて、ゆったり時間を過ごしていただく為のお飲み物の提供です。小屋主が美味しいと思う純米酒だけをご用意しています…。あとビール3種類とレモン酎ハイ…。ボトルキープはウイスキーだけです!も、もちろんノンアルコール飲料もペットボトル類、ほっとカルピス、豆挽コーヒーなどがございます。お酒にのまれてしまう方こそご遠慮いただきたいです。
  • Q
    居酒屋の閉店時間は何時ですか?
    A
    "居酒屋"ではなく"飲み屋"です。ではなく純粋な山小屋ですので、閉店時間も各自お決めください。アルコール類の販売は小屋の者が呑んでいる間は行っております。山小屋の消灯は9時頃ですが、飲み屋、いえ山小屋の食堂(宿泊スペースから離れています)の消灯は・・・お任せ下さい。

よくあるご質問②

テント泊の方
  • Q
    テントでも居酒屋は利用できますか?
    A
    "居酒屋"ではなく"飲み屋"です。ではなくて、純粋な山小屋ですので居酒屋がある訳ではありません。アルコールその他、小屋の売店はテントの方もご利用いただけますが、小屋の中は宿泊の方のスペースとなります。玄関の土間、玄関脇のテラスも同様です。いつの間にか小屋の炬燵で・・という場合、「あのヒトお泊りの方??」と裏でもめますし私たちも言い出しにくい事なのでお願いいたします。テン場の "我が家" か広ーい編笠山テラスをご利用ください。その際、防寒と足元にお気を付け下さいね。
  • Q
    テント泊で小屋の夕食、朝食は注文できますか?
    A
    出来ません。テント山行の醍醐味のひとつは食事です。出来ればコンロも用意して何でもいいから作ってみては。青年小屋の日々の食材も歩荷で運んでいます。テント山行は小屋泊まり山行よりも ”ワンランク上の登山” ですから、ご自分の食材を歩荷して手作りしたらどんなものでも美味しく感じられると思います。
    また最近ソロテントが流行っているせいか、仲間同士の雨の日の食事場所のご相談がありますが、ソロの自由か、大きなテントの楽しみか、どちらかにして下さいね。
  • Q
    昼食はなにか食べられますか?
    A
    はい、売店の軽食メニューがございます。お昼くらいの時間帯に、お願いしたいです。14時か15時には夕食準備のため終了となります。定番の長野県食材のカレー(信州牛、米豚、ハーブ鶏[トマトベース])は常備しておくつもりです。汗をかいた後や寒い日に食べたくなるラーメン、そしておでん。セットメニューの ”ラーメン餃子” はまだ始まっていません。ごめんなさい。
  • Q
    テント泊では全く小屋を頼っちゃだめですか?
    A
    こんなご質問はありませんが、雷の時には遠慮せずに玄関の土間へ避難して下さい。雷はテントにも落ちます。大雨の浸水、寒さに負けて…等々素泊まりに変更される方もたまにいらっしゃいますが、装備や設営場所(水の流れ)などしっかり考えて備えましょう。また雨予報の日はテントがゼロになりますが ”登山禁止” の決まりはありませんので念のため。
    あと何か忘れ物をしてしまって困った時には一応相談してみて下さい。ただ青年小屋は他の小屋と違って何から何まで揃えておくことを良しとしておりません。「何で無いのー」と言われたら怒っちゃうかもしれませんのでご注意ください。
  • Q
    テント泊で小屋の夕食、朝食は注文できますか?
    A
    出来ません。テント山行の醍醐味のひとつは食事です。出来ればコンロも用意して何でもいいから作ってみては。青年小屋の日々の食材も歩荷で運んでいます。テント山行は小屋泊まり山行よりも ”ワンランク上の登山” ですから、ご自分の食材を歩荷して手作りしたらどんなものでも美味しく感じられると思います。
    また最近ソロテントが流行っているせいか、仲間同士の雨の日の食事場所のご相談がありますが、ソロの自由か、大きなテントの楽しみか、どちらかにして下さいね。

道順は地図で

一度に全容が見渡せる紙の地図もいいものです

地図をお持ち下さい。

登山の際は地図をお持ち下さい。分岐点や利用しない予定の登山道も分かっていると、もしもの時に危険を回避できます。目を開けていても何も見えない山の夜は、目を閉じているよりも怖いです。自分が歩く予定の一部だけでなく山の全容を把握して山に入りましょう。

タクシーのご利用( 小淵沢タクシー 0551-36-2525 
 小淵沢駅に常駐しておりますが、特に観光シーズンは予約もお勧め
 します。予約金は不要です。

  • JR小淵沢駅から観音平登山口 3500円くらい    
  • JR小淵沢駅から富士見ゴルフ場3100円くらい
  • 下山時にお願いする時は迎料540円が別途かかります。お待たせしないよう到着目安時間の10分前くらいに電話して下さい。

ふたりごと

書くも読むもお勝手に…

 




 西岳の中腹 標高1,700メートル。間近にカッコウの鳴く中のわらび採り。
 日射しは暑くはないが額には汗、汗、汗。
 時折吹き抜ける風が初夏の爽やかさを運んでくる。
 カッコウの声を聴きながら育ったワラビ達。
 私は縄文人の心持ちになって一本、又一本と採ってゆく。
 誰の口に入るのかな?このおいしいおいしい、しあわせな西岳ワラビ。
                   (5/27…主あるじ
  • 雨の休日…
  • 19日土曜日は雨予報で予約のお客さん全滅。翌週分の食糧歩荷が追い付かないので、お客さんがいなくてものんびり歩荷して小屋へ。カッパを着なくてもいいくらいの雨で歩荷日和。堂々と、”雨に濡れる”  のもなんだか楽しい。テン場にはテントが3張。忙しい日には出来ない仕事もはかどり、小屋番さんと3人のおだやかな夕食。「自宅の防音性が高くなってしまって雨音が聞こえないから、寝室の頭の上だけトタンを張ろうかな、、」なんてくだらない事を話し、炬燵でぬくぬくしながら雨の音に打たれる心地よさ。
    翌朝は雲海にぽっかり富士山が見える綺麗な朝焼けで、私たち以上に雨音を楽しんだ(?)テン場のみなさんにご褒美!こんな日の朝焼けの空はいいですものね、よく御存じで!お天気の良い日曜日は沢山の方が晴れやかに山を歩いていらっしゃいました。

    さて、今日HPを見てみれば、いつもは少ないはずの ㈯,㈰ の閲覧数が多めではないですか、、、さては皆さんお家でぬくぬくと…。雨の日の山歩きもいいんだけどな。(笑)(6/22)
  • 19日土曜日は雨予報で予約のお客さん全滅。翌週分の食糧歩荷が追い付かないので、お客さんがいなくてものんびり歩荷して小屋へ。カッパを着なくてもいいくらいの雨で歩荷日和。堂々と、”雨に濡れる”  のもなんだか楽しい。テン場にはテントが3張。忙しい日には出来ない仕事もはかどり、小屋番さんと3人のおだやかな夕食。「自宅の防音性が高くなってしまって雨音が聞こえないから、寝室の頭の上だけトタンを張ろうかな、、」なんてくだらない事を話し、炬燵でぬくぬくしながら雨の音に打たれる心地よさ。
    翌朝は雲海にぽっかり富士山が見える綺麗な朝焼けで、私たち以上に雨音を楽しんだ(?)テン場のみなさんにご褒美!こんな日の朝焼けの空はいいですものね、よく御存じで!お天気の良い日曜日は沢山の方が晴れやかに山を歩いていらっしゃいました。

    さて、今日HPを見てみれば、いつもは少ないはずの ㈯,㈰ の閲覧数が多めではないですか、、、さては皆さんお家でぬくぬくと…。雨の日の山歩きもいいんだけどな。(笑)(6/22)
  • お花情報…
  • 何度も泊まって下さっている可愛らしいご夫婦が、青年小屋の前で丁寧にお花の写真を撮っていらっしゃいました。後ろからあるじが声を掛けます、「ちゃばねごきぶり草だねっ(^^)」。あ~、これから先この花を見る度に…。これを読んでしまった方も。(6/22)
  • 何度も泊まって下さっている可愛らしいご夫婦が、青年小屋の前で丁寧にお花の写真を撮っていらっしゃいました。後ろからあるじが声を掛けます、「ちゃばねごきぶり草だねっ(^^)」。あ~、これから先この花を見る度に…。これを読んでしまった方も。(6/22)
  • わらび採り…
  • しあわせな西岳ワラビ、、、あく抜き中の台所は地獄です。

    大きなお鍋と大きな焼売用のボールを総動員してのあく抜き作業。
    前々回の収穫は息子と三人、山菜祭りの前で他のお料理もあったので
    「一人500本までね!」と念を押すも、手伝いに来てくれた息子は
    子供の頃から相も変わらずどこまでもどこまでも…森に消えていく。
    500本採ったところで「戻るね~」と声をかけて、みんなを促しながら
    車に戻るまでの間に、私のわらびも600本に…これは秘密。

    前回の収穫は娘夫婦と孫たちと。これまた、まさに蜘蛛の子を散らすように
    森へ散り…戻らない。縄文からの長きにわたるDNAおそるべし。
    そういえば、我が家は水族館でも「美味しそうだね~」と言いながら
    お魚を見学していたっけ。

    今回は1000本の約束……「1100本だよ~(^◇^)」とあるじ帰宅。
    うん、よく我慢したね !!!

    (追記:あるじも息子もわらびを数えながら採るのですが、これは狩りを
     してきた男性の特性なのでしょうか?!私は普段は数えませんが。)(6/4)

  • しあわせな西岳ワラビ、、、あく抜き中の台所は地獄です。

    大きなお鍋と大きな焼売用のボールを総動員してのあく抜き作業。
    前々回の収穫は息子と三人、山菜祭りの前で他のお料理もあったので
    「一人500本までね!」と念を押すも、手伝いに来てくれた息子は
    子供の頃から相も変わらずどこまでもどこまでも…森に消えていく。
    500本採ったところで「戻るね~」と声をかけて、みんなを促しながら
    車に戻るまでの間に、私のわらびも600本に…これは秘密。

    前回の収穫は娘夫婦と孫たちと。これまた、まさに蜘蛛の子を散らすように
    森へ散り…戻らない。縄文からの長きにわたるDNAおそるべし。
    そういえば、我が家は水族館でも「美味しそうだね~」と言いながら
    お魚を見学していたっけ。

    今回は1000本の約束……「1100本だよ~(^◇^)」とあるじ帰宅。
    うん、よく我慢したね !!!

    (追記:あるじも息子もわらびを数えながら採るのですが、これは狩りを
     してきた男性の特性なのでしょうか?!私は普段は数えませんが。)(6/4)


  • 写真…
    歩荷の際にもカメラ(スマホではなく…)は持参するのですが、いつも写真を撮り忘れます、正直に言えば面倒なのでしょう。
     少し前の事になりますが5月1日は雪でお山の木々も全て真っ白、到着の遅いお客さんもあり何となく落ち着かない営業初日でした。それが、ちょうど夕日が青年小屋の長~い廊下の先のトイレの窓を照らす時間帯になると、雲が上空と下空(?)に分かれ、夕日が厳冬期の様な木々のモンスター達を照らし出したのです。上空には青空と濃淡のある灰色の雲が飛び交い、モンスターはオレンジ色に光ってそれはそれは綺麗で写真なんて撮ってる暇はありません…でしたので写真も無く、本当に綺麗だったという自慢話でしかありません。吹雪の山小屋でみんなが一様に感じていた不安から一転、やわらかな夕日のオレンジ色にあっという間に気持ちが晴れやかに変わるちいさなちいさな自分が可笑しくなりました。
     もう少し真面目にホームページを作らなくてはと思うのですが、こんな気持ちが写真に写るはずもなく、つい ”忘れて” しまうわけです。(5/16)
  • 写真…
    歩荷の際にもカメラ(スマホではなく…)は持参するのですが、いつも写真を撮り忘れます、正直に言えば面倒なのでしょう。
     少し前の事になりますが5月1日は雪でお山の木々も全て真っ白、到着の遅いお客さんもあり何となく落ち着かない営業初日でした。それが、ちょうど夕日が青年小屋の長~い廊下の先のトイレの窓を照らす時間帯になると、雲が上空と下空(?)に分かれ、夕日が厳冬期の様な木々のモンスター達を照らし出したのです。上空には青空と濃淡のある灰色の雲が飛び交い、モンスターはオレンジ色に光ってそれはそれは綺麗で写真なんて撮ってる暇はありません…でしたので写真も無く、本当に綺麗だったという自慢話でしかありません。吹雪の山小屋でみんなが一様に感じていた不安から一転、やわらかな夕日のオレンジ色にあっという間に気持ちが晴れやかに変わるちいさなちいさな自分が可笑しくなりました。
     もう少し真面目にホームページを作らなくてはと思うのですが、こんな気持ちが写真に写るはずもなく、つい ”忘れて” しまうわけです。(5/16)

ご予約・お問い合わせ

(有)八ヶ岳青年小屋
0551-36-2251
090-2657-9720

今年は現地電話はありません。

楽しい歩荷中
忙しい時間帯は
携帯に出ない事もございます。


〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町8881 竹内 敬一